過去の事例から学ぶ

借金の金利は年間に発生する利息の割合

借金の金利は年間に発生する利息の割合 借金をするときには契約によって金利を定めるのが普通です。
この金利というのは、一般的には年間に発生する利息の割合を指します。
たとえば、10%という契約で100万円を借りた場合、1年後に返済をするのなら10万円の利息を支払わなければならないのが一般的です。
2年間であれば20万円と言うことになります。
このように、借り入れした金額に対する割合で示すことが多いです。
1年間という期間を定めることが多いですが、これは年利、あるいは年率と呼ばれます。
1年間に対する利息の割合を用いるのは金融業界の慣習だと言えるでしょう。
実際にはそれ以外の期間を指すこともあります。
たとえば、1ヶ月間に期間を定めたものは月利と呼びますし、1日間に期間を定めたものは日利と呼ばれます。
利息の金額はこれを元にして計算されます。
多くの場合には日割り計算をすることになります。
たとえば、年率10%で100万円を借りて、半年後に返済をする場合、利息は5万円になります。
ですから、金利が年利で表されていても月利や日利で表されていても、利息の計算はすぐにできますからどの表現でも良いのですが、年利で表す方が利便性が高いために、年利がよく用いられます。

借金には時効が存在する

借金には時効が存在します。
貸金業者からの借り入れでは5年、個人間での借り入れでは10年が消滅期間です。
つまり、時効が成立すれば返済をする必要がなくなるということになるのですが、単純に5年経過すれば、10年経過すれば返済しなくて良いということではありません。
例えば、その期間内で一度も返済をしていないこと、一度も返済の催促を受けていないこと、消滅期間後に時効援用通知を債権者に通知すること、時効中断・停止されていないことなどが条件としてあげられます。
しかし、これを踏まえると、全てを満たすケースは限りなく少ないため借金が消滅することは殆どないと考えておいた方がいいでしょう。
こうした知識は借りる側だけではなく、貸す側も知っておくべきです。
借りたものは返す、貸したものは返してもらうというのが当たり前のことですので、これは念頭に置いておきましょう。
しかし、どうしてもお金がないという人から返済をしてもらうことは法律上できないことになっています。
よって、何が何でも返済しなくてはいけないわけでもなければ、何が何でも返済してもらうことが可能なわけではありません。
ただ、その場合は債務者が返済できないという然るべき手続きを取る必要があり、この手続きを債務整理といいます。

注目サイト

大阪のシステム開発のプロフェッショナル集団です。

システム開発 大阪

術後の再現が可能な安心の二重整形

二重整形

住所や地名、路線などから物件情報を検索できます

マンスリーマンション 東京

税金のお悩みや、会社設立の相談はお任せください

太田市 税理士

お得な詰め放題パックもご用意しています。

佐賀で不用品の依頼なら

外構のことでお悩みでしたらご相談ください。

外構を名古屋で相談

最終更新日:2017/10/13

コンテンツ

『消滅時効』 最新ツイート

@nishinabox1139

AのCに対する債権が、CのAに対する債権と相殺できる状態であったにもかかわらず、Aが相殺することなく放置していたためにAのCに対する債権が時効により消滅した場合、Aは相殺することはできない。 (誤) https://t.co/fsinoQ4koo

23分前 - 2017年11月25日


@Civil_lawbot

【未成年者(補足)】①父母共同親権の場合は双方の同意必要。一方の同意がない場合でも父母共同名義でした契約は相手方が悪意でない限り有効。②法定代理人の取消権が時効により消滅すれば未成年者は固有の取消権の行使不可。③書面によらない贈与を理由とする撤回→贈与を受ける場合は撤回に同意要。

38分前 - 2017年11月25日


@sitikin1

取得時効の時効中断事由は民法164条の自然中断と法定中断があり、自然中断は取得時効特有のもので消滅時効にはありません、守口様!

1時間前 - 2017年11月25日